肌を白くする方法!おすすめの化粧品から美白サプリまで有効度を徹底分析

「肌を白くしたい!透明感のある肌になりたい!」そんな風に思ったことはありませんか?

だけど自分にあう美白方法がわからず、行動にうつせていない人も同じくらいいるのではないでしょうか?この記事では、今度こそ美白したい!と強く・本気で願う人のために、肌が白くなれる方法を徹底追及!肌を白くするためにできる方法は何か?1番効果のある方法って?実はあの方法は間違っていた?など美白に関する気になる情報や、効果のある美白ケアをサプリ・化粧品・レーザーなどそれぞれ比較してみました。

今すぐおすすめの美白化粧品が知りたい方はこちら!

今すぐおすすめの美白サプリが知りたい方はこちらから!

肌の悩みによっては白くできない…?

目の色・髪の色にそれぞれ個人差があるように肌の色にも個人差があります。そのため元々肌が黒い人や、何十年もお手入れせず放置していた人の場合は、美白効果が出るまで時間がかかってしまう場合があります。ですが、時間はかかっても毎日の地道な積み重ねによって美白効果を得ることは可能ですから、まずはできることからスタートしてみましょう。

逆に最近黒くなったばかりの人や、普段からある程度紫外線対策を行っている人は早い段階から効果を実感しやすいため、早めに美白ケアすることをおすすめします。

元々の肌質や成分との相性によって効果の出方には個人差がありますが、やる前から諦めていては何も変化を得ることはできません。まずはスタートしてみることが大切です。

今から数ある美白ケアの中から厳選した方法を今から詳しく紹介していきます。その方法で得られる効果・おすすめしたい人をそれぞれまとめてみたので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね!

そもそも肌が黒くなる理由について

そもそもどうして肌は黒くなったり、シミができたりするのでしょうか?肌を白くするためにも、肌が黒くなるメカニズムについて知っておきましょう。

肌の色はほとんどがメラニン由来

肌の色は主に以下の3つの要素で作られています。

  • 黒を作るメラニン
  • 赤を作るヘモグロビン
  • 黄を作るカロチン

中でも1番肌の色を決める存在がメラニンで、茶色~黒色のユーメラニンと赤色~黄色のフェオメラニンの2種類のメラニンが存在します。このメラニンの量によって肌色は決められているのです。

メラニンが出来る仕組み

紫外線や外的刺激などを肌が感知すると、ケラチノサイトと呼ばれる表皮細胞は活性酸素を発生させます。活性酸素自体は本来肌を守るための存在ですが、増えすぎると肌や細胞を老化させる悪者になってしまうのです。

そのため次は活性酸素から肌を守ろうと情報伝達物質(エンドセリン)が働きます。情報伝達物質はメラノサイトにメラニンを作って、肌の色を濃くすることで肌を守るよう指示を出します。

すると、メラノサイト内でチロシナーゼと呼ばれる酵素が活性化し、アミノ酸の一種であるチロシンをどんどんメラニンに変化させていきます。この黒くなったメラニンが肌表面に押し上げられることで、肌は黒くなっていくのです。

本来であれば、この黒くなったメラニンはターンオーバーによって、自然に剥がれ落ちていきます。ですが過剰生成によりメラニン作りすぎてしまったり、ターンオーバーが乱れてしまったりすると剥がれ落ちずにそのまま色素沈着してしまいます。これがシミやそばかすの正体です。

効果のある美白方法を比較

まずは肌を白くするための美白方法には数多くのものがありますが、中でも効果や評判の高いものを中心に一覧にまとめてみました。

  • △→肌が黒くなるのを防ぐ
  • 〇→黒くなったばかりの肌に効果あり
  • ◎→昔からあるシミや黒ずみにも効果あり

美白方法 効果
紫外線対策・保湿
新陳代謝をあげる
ピーリング
美白サプリメント・食品
美白化粧品
レーザー治療


では、それぞれの方法の主な効果とどんな人におすすめか見ていってみましょう。

紫外線対策・保湿

  • 紫外線から肌を守って、メラノサイトの活性化を防ぐ
  • 乾燥を防ぐことでバリア機能を高め、外的刺激から肌を守る
  • 10代~20代美白をこれからスタートする人におすすめ

日焼け止めやスキンケアによる保湿などの紫外線対策や保湿は、肌が黒くなる原因から肌を守るために必要です。どんなに美白ケアしても、この2つの行為を怠っていては効果を実感することができません。すでに黒くなってしまった肌を元に戻す効果は高くありませんが、これ以上肌を黒くしないためには欠かせないケアです。

新陳代謝をあげる

  • ターンオーバーが整うことで、古い角質を溜め込まなくする
  • 代謝が整うことで、肌トラブルが起きにくくなる
  • 今までのスキンケアで効果を感じなくなった人におすすめ

シミやそばかすが出来てしまう原因の1つに新陳代謝の乱れがあげられます。新陳代謝が下がると肌の生まれ変わりが正常に行われなくなり、黒くなったメラニンがいつまでも肌に残ったり、外的刺激の入り込みやすくなったりして弱った肌になりがちです。新陳代謝を上げて肌状態を整えることで、肌が黒くなる原因が増えるのを抑えてくれます

ピーリング

  • 溜まった古い角質を取り除くことができる
  • 有効成分が肌に浸透しやすくなる
  • 肌のゴワつき・ザラつきを感じる人や、生活習慣が乱れがちな人におすすめ

ターンオーバーの乱れなどによって、古い角質が溜まった肌状態だとせっかくの化粧品の成分も浸透しにくいだけでなく、くすみやゴワつきの原因にもなります。要らなくなった角質を取り除くことで肌に透明感が生まれ、化粧品の浸透力も高めてくれることができます。

美白サプリメント・食品

  • 体内からメラノサイトの活性化を防いでくれる
  • 白くなりやすい肌作りの手助けをしてくれる
  • 全身の美白ケアを行いたい人や、敏感肌の人におすすめ

シミやそばかすなど肌が黒くなる原因は、肌の土台部分に潜んでいます。肌表面だけでなく、体内から美白有効成分を補うことで内部からのケアが可能になります。美白サプリメント・食品のメリットとして部分的にケアする化粧品と違い、背中や手など体全体への効果が期待できます。また美白成分は刺激の強いものが多いため、敏感肌で化粧品は使えない……そんな人でも体内からなら安心してケアすることができます。

美白化粧品

  • メラノサイトの活性化を防ぎ、シミやそばかすを防いでくれる
  • 肌状態を整えて、黒くなりにくい肌に導いてくれる
  • 顔全体にシミやそばかすが目立ってきた人や、しっかり美白したい人におすすめ

肌に直接つけることで気になる部分に集中的に美白ケアを行うことができます。昔からできている濃いシミなどへの効果は難しいですが、出来たばかりの日焼けやシミ・ソバカスなど色素沈着しきっていないものには高い効果が期待できます。

レーザー治療

  • 出来てしまったシミやそばかすを取り除いてくれる
  • 濃いシミや目立つシミなど、どうしても消したいシミがある人におすすめ

皮膚科や美容クリニックで受けられる施術で、出来てしまったシミやそばかすをその場で取り除くことができます。即効性と効果が非常に高く、確実に消したい場合はこの方法が一番効果的です。

美白効果が一番強いのは、レーザー治療になります。次に効果が高いのは美白化粧品、そして美白サプリメントになります。この3つ以外の方法は、単体での効果はそこまで高くなく、サポートとして力を発揮してくれる方法になります。そのため効果の高い方法と合わせて行うことがおすすめです。

美白化粧品を使う:おすすめ度★★★★★

次に有効度が高く、手軽にスタートしやすい美白化粧品を使用する方法を紹介します。ただし、美白化粧品は正しい選び方で商品を選ばないと効果を実感することができません。商品の選び方と、おすすめ化粧品も同時に紹介していきます。

美白化粧品は有効成分で選べ!

美白化粧品を選ぶ際に1番重要なのは、有効成分がきちんと含まれているかどうかです。美白シリーズという名前で販売されていても、美容液にだけ成分が含まれていて化粧水には含まれていないといったパターンもあるため、1つ1つしっかりチェックするようにしましょう。

また配合量も重要で、パッケージや成分表示に記載があるからといって十分な量が含まれているとは限りません。配合量もあわせてチェックするようにしましょう。

美白有効成分を徹底比較

美白化粧品に主に含まれている美白成分の効果を表でまとめてみました。

美白成分 効果 特徴や注意点
アルブチン チロシナーゼ酵素の働きを阻害することで、チロシンが黒化するのを防ぐ 肌への刺激が低く、安定性が高い
トラネキサム酸 肌の炎症を抑えメラノサイトの活性化を防ぐことで、メラニンの過剰生成を抑える 一般的なシミだけでなく、肝斑への効果も期待できる
4msk 慢性角化エラーを正常化することで、メラニンの過剰生成を抑える 資生堂が特許をもつ成分。これから現れるシミへの効果が特に高い
ハイドロキノン メラノサイトの活性化を抑えて、メラニンそのものを減少させる お肌の漂白剤とも呼ばれるほど高い美白力があるが、刺激が強いため敏感肌の人は注意が必要
ビタミンC誘導体 抗酸化作用と黒くなったメラニンを元の色に還元する働きがある 肌を乾燥させやすいため、乾燥肌の人は注意が必要。保湿成分との併用が大切。

アルブチンやトラネキサム酸も元は資生堂が開発した成分で、現在は特許が切れたことで多くのメーカーで使用されるようになりました。またハイドロキノンもお肌の漂白剤と呼ばれるほど効果が高く、以前は皮膚科でしか処方できなかったのですが、近年化粧品への使用が認められた成分です。

資生堂が贈る美白化粧品の集大成【HAKU】

次に数々の美白有効成分を研究し、生みだしてきた資生堂が送る美白の集大成ともいえるHAKUシリーズ。以前は美容液のみの販売でしたが、現在は化粧水・乳液・パックなど多くの種類が発売されています。

中でも一番おすすめなのが美容液のHAKUメラノフォーカスVです。紫外線を浴びて炎症を起こし続けている細胞に対して2つの美白有効成分がアプローチすることで、シミ生成連鎖を抑制して、白い肌へ導いてくれます。

  • メラニンの過剰生成を抑える4MSKを配合
  • m-トラネキサム酸がメラノサイトの活性化を抑える
  • Vカット複合体が紫外線を浴びた肌を優しく整え保護する

<口コミ>

HAKU美容液4本目!!!数年前から左頬に500円玉ほどのしみができ薄くなると聞けば色々ためしてみましたが、やりすぎて逆に濃くなってると母に言われ諦めていたそんな時、HAKUに出会い藁をも縋る思いで使ったところ、一年経った頃には驚き。素顔が明るくなり綺麗になったと言われるまでに!!HAKUのおかげで透明感&しっとり、すべすべー
引用元:公式サイト

新発売の時からずっと愛用していますが、どんどんパワーアップしています。日焼けによるひどいシミもあきらめず使い続け、今ではファンデーションとコンシーラーでうまく隠れるまでになっています。即効性はありませんが気長に使い続けていれば必ず効果が出てきます。いろいろな美白製品が出ていますが、私はメラノフォーカスを信じてこれからも使い続けるつもりです。

引用元:公式サイト

商品名 HAKUメラノフォーカスV
メーカー 株式会社 資生堂
通常価格 10,800円(税込)
購入場所 公式通販サイト・ドラッグストアなど
分類 医薬部外品

HAKUは発売以来何度もパワーアップとリニューアルを繰り返してきた商品です。2018年3月のリニューアルに伴い、現在2週間お試しサイズが2,700円(税込)で発売されています。期間限定販売・1人1個限りにはなりますが、HAKUをお得に試すチャンスです。

HAKUは口コミでの評価も非常に高い商品で、気になっていたという人は多いのではないでしょうか?限定品のある機会に挑戦してみましょう。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

全方面からシミの原因を抑える【サエル】

敏感肌だけど安心して美白したい……そんな人におすすめしたいのが、敏感肌・乾燥肌の人の為にポーラ・オルビスグループから生まれたブランドのDECENCIA「サエル」です。

化粧水・美容液・クリームの3ステップケアで、ディセンシアオリジナル成分のストレスバリアコンプレックスCLがシミの原因を除去、透明感のある明るく白い肌へ導いてくれます。

  • 美白有効成分アルブチンがメラニンの生成を抑制
  • 化粧水とクリームには抗炎症有効成分のグリチルリチン酸2K配合
  • 美容液にはシミ部分の炎症を抑えるトラネキサム酸配合

<口コミ>

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート。さらりとして、とろみもなくさっぱりとした化粧液。肌に乗せ、ハンドプレスし潤いを閉じ込めるとスッと肌に素早く浸透していきました。浸透後の肌は、ふっくらもっちり肌に。べたつきがなく、刺激がないのでとても使用しやすかったです。

引用元:@コスメ

美容液が結構トロッとしているので クリーム無しでも乾燥が気になりませんでした。(中略)一週間程使い 白くなったかはわかりませんが、トラブルもなく使いやすいので使い続けようと思います。

引用元:@コスメ

商品名 サエル
メーカー 株式会社DECENCIA
通常価格 化粧水5,400円(税込)

美容液8,100円(税込)

クリーム5,940円(税込)

購入場所 公式通販サイト
分類 医薬部外品

敏感肌向けに作られているとはいえ、肌との相性が心配な人は初回限定1,480円(税込)で試せる10日間トライアルセットがおすすめです。敏感肌専門ブランドだから安心の30日間返品保証もついているため、初めての人でも安心して試すことができます。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

できてしまったシミや黒ずみに【アンプルール】

徹底美白ケア美容液として注目を浴びているのがアンプルールシリーズ。中でも人気が高いのが夜専用の美容液のラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110です。普段使っている化粧水をつける前にポンポンとシミに優しく叩きこむだけでOKの美容液で、1日たった3秒のケアで夜通しシミをケアしてくれます。

  • 新安定型ハイドロキノンがぴったり密着
  • マイクロカプセルで成分を包むことで時間さアタック
  • 特殊ゲルがぴったり密着し、ピンポイントで集中ケア

<口コミ>

夜だけローションの前にシミにつけると密着してくれます。少しずつシミは薄くなっています。1本目を使いきってから2週間ほど経った頃ふと鏡を見たときにシミが元の濃さに戻っているような…焦りを感じてすぐに再購入しました。少量、高価なので続けるのに躊躇していましたがもうあの濃かった頃のシミに戻したくないので頑張って続けています。

引用元:@コスメ

気になるシミを夜通し集中ケアできる美容液。透明でやや固めの美容液。洗顔後すぐに使うので、シミにダイレクトに効果してくれそう。ここ最近、頬に大きめのシミができてショックだったので、これはここに集中ケアだと思い使用しました。固めのテクスチャなので、垂れてしまうこともなく、しっかりとケアできていると思いました。

引用元:@コスメ

商品名 アンプルールコンセントレートHQ110
メーカー 株式会社ハイサイド・コーポレーション
通常価格 10,800円(税込)
購入場所 公式通販サイト
分類 医薬部外品

美容液以外にも、アンプルールには化粧水・美容液・クリームなど豊富なラインナップが発売されています。初めての人はスキンケアに必要なアイテムが全て揃った豪華6点セット7日分が1,890円(税込)で試すことができます。

トライアルキットは初めて購入する人限定となっているため、まずはこのセットからスタートしてみましょう。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

保湿も完璧な資生堂のプチプラ【アクアレーベル】

いくら効果があっても使い続けられなければ美白化粧品に意味はありません。毎日きちんと続けられるプチプラ価格で、なおかつ美白も保湿も完璧な商品としておすすめなのが資生堂のアクアレーベルシリーズです。

アクアレーベルには青の美白・黄色のエイジング・赤の保湿と、3つのシリーズがありますが今回紹介するのは美白ケアを中心とした青のホワイトニングシリーズです。

  • 化粧水・乳液・クリーム全てにm-トラネキサム酸配合
  • D-アミノ酸(D-グルタミン酸)がしっかり保湿
  • 美容液のみグリチルリチン酸ジカリウム・ヒアルロン酸・リピジュア配合

<口コミ>

朝夜コットンにつけて塗っています。ちょうどよいしっとり感で、とても使い心地がよいです。そこまで値段も高くないので気兼ねなくたっぷり塗れて、べたつかずしっかり潤います。臭いもきつくありません。また、乳液クリームも美白用なのでこの化粧水の美白効果かはよくわかりませんが、肌が白いねと言われるようにもなりました。

引用元:@コスメ

美容液はずーーっとこれ。目移りしない位ずっと愛用してます。美容液は成分がきついものが多く、顔が赤くなったりすることが多いのですがこの美容液は刺激がなく、肌を明るく保ってくれます。(中略)この美容液だけのおかげかは分かりませんが、そばかすもシミも一つもないです。
引用元:@コスメ

商品名 アクアレーベル
メーカー 株式会社 資生堂
通常価格 化粧水・乳液1,620円(税込)

クリーム1,944円(税込)

美容液2,268円(税込)

購入場所 公式通販サイト・ドラッグストアなど
分類 医薬部外品

美白化粧品に含まれる有効成分は乾燥肌や敏感肌の人は、刺激を感じてしまう場合があります。初めてで少し不安……そんな人には洗顔・クレンジング・化粧水・乳液がセットになった小型スキンケアセットが発売されています。

1,296円(税込)で手軽にお試しすることができるため、まずはこのセットからスタートしてみるのもおすすめです。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

美白サプリメントを飲む:おすすめ度★★★★

最近肌が黒くなってきた気がする…日焼けした肌が元に戻りにくくなったなど、今までのケアでは物足りなくなってきた人にもおすすめの美白サプリメントから見ていきましょう。

美白サプリメントでとりたい有効成分を比較

美白サプリメントには、美白効果のある有効成分が主に含まれています。それぞれの効能を表にまとめてみました。

有効成分 効能
L-システイン 新陳代謝を上げて、メラニン生成を抑制することでシミの発生を防ぐ
ビタミンC 高い抗酸化作用とコラーゲン生成の促進によって、シミの出来にくいバリア機能の高い肌へ導く
ビタミンE 抗酸化作用によって活性酸素を減らすことで、シミの原因を作る情報伝達物質の発生を防ぐ
エラグ酸 シミの原因となるチロシナーゼの活性化を抑え、シミの元が作り出されるのを防ぐ
リコピン 血流を促進することで肌の新陳代謝をあげ、メラニンが色素沈着するのを予防する
プラセンタエキス 抗酸化作用と抗炎症作用によってシミの原因を防ぎ、新陳代謝を活発にすることでシミが色素沈着するのを防ぐ

美白サプリメントを選ぶ際のポイント

美白サプリメントを選ぶ際に重要視してほしいのが、「医薬品」表示があるかどうかです。

口から体内に入るものは大きくわけて「医薬品」「食品」の2つに分類されるのですが、サプリメントの多くは食事で足りない栄養を補う存在として、主に食品に分類されています。ですが一定量以上の有効成分がきちんと含まれており、なおかつその効果を認められたサプリメントについては、医薬品としての表示が可能になっています。

そのため、本気で美白ケアに取り組みたい場合は医薬品(美白ケアの場合は主に第3類医薬品)の表示がある商品を選ぶ方ようにしましょう。

「美白サプリメントってたくさんあってどれがいいかわからない!」そんな人のために、医薬品として認められている美白サプリメントの中から、口コミ評価や、雑誌・SNSでの評価を元におすすめしたい商品を2つ紹介します。

シワや冷え性にも効く万能な【ロスミンローヤル】

出来てしまったシミ・そばかすを薄くしてくれるだけでなく、国内で唯一小じわへの効果も認められた女性のためのサプリメント。全部で11種類の有効成分が配合されており、蓄積された紫外線ダメージが表面化する前に、体内でケアすることで肌本来の美しさを取り戻してくれます。

  • 美白効果のあるアスコルビン酸180mg・L-システイン160mg配合
  • ビタミンE散・ビタミンB群がターンオーバーを促進
  • 9種類の生薬成分が血行を改善し、紫外線から肌を守る
  • 冷え性や肩こりなど女性特有の悩みにも効果的

<口コミ>

数年前から健康のために朝のランニングを始めたんですが、気になるのが紫外線!日焼け止めをバッチリ塗って走っても、うっすらシミができてきて、どうしようかなと悩んでいた時に、たまたま「ロスミンローヤル」を知りました。小ジワとシミをダブルでケアできるし、しかも、冷え性や肩こりにも良いって私にピッタリ!と感動しました。

引用元:公式サイト

長年、シミ・肝斑に悩みあらゆる化粧品、内服、美容皮膚科、レーザーと本当にいろいろ試しましたがどれも、これといった効果も感じられずでした。ロスミンローヤルは飲んで1か月ですが明らかに顔色が上がりましたし、定期的に繰り返す口元の吹き出物に伴う色素沈着がかなり薄くなり、それだけで全体の印象は違ってきました。

引用元:@コスメ

商品名 ロスミンローヤル
メーカー 株式会社アインファーマシーズ
通常価格 7,600円(税抜)
内容量 270錠(30日分)
分類 第3類医薬品

ロスミンローヤルは初めて購入する人限定で、初回特典の1,900円(税抜)で購入することができます。さらに全体で約86.4%の人が利用している定期コースは、初回1,900円(税抜)はもちろん、2回目以降も2,500円お得な5,800円(税抜)で購入することができます。

定期コースは送料無料・面倒な解約縛りもなくいつでも変更・休止・解約がOKなため、初めての人でも定期コースからスタートがおすすめです。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

有効成分量で選ぶなら【ホワイピュア】

肌への有効成分を5種類配合した体内から飲んできく医薬品の美白サプリメント。美白有効成分のL-システインが最大量の240mg配合されていて、手や背中など顔以外の気になるシミへも同時に高い効果を発揮してくれます。

  • 最大量240mgのL-システイン配合
  • メラニン生成を抑えるビタミンC1000mg
  • 肌の生まれ代わりを促すビタミンE・ビタミンBも同時配合

<口コミ>

今までいろいろな美白サプリメントを試してきましたが、ホワイピュアを飲み始めて3ヶ月、シミが薄くなってきたように感じます。肌がくすむこともなくなったし、肌全体が明るくなったようにも感じました。ビタミンEやビタミンBも豊富に入っているおかげか、ニキビやそばかすなどの肌トラブルも起きにくくなりました。

独自調べ

もともとアトピーがあり、肌が敏感なことから美白化粧品は使いたくても使え物が多く困っていました。幸い食べ物に対するアレルギーはほとんどなかったため、外からのケアがダメなら中からケアを初めてみようと思いホワイピュアに挑戦。肌トラブルや副作用なく美白ケアができるところが気に入っています。

独自調べ

商品名 ホワイトピュア
メーカー ジェイフロンティア株式会社
通常価格 5,800円(税抜)
内容量 180錠(30日分)
分類 第3類医薬品

ピュアホワイトをお得に購入したい人には定期購入がおすすめです。定期購入に登録すれば初回限定67%OFFの1,900円(税抜)になる上に、2回目以降も15%OFFの4,930円(税抜)で購入することができます。

さらに定期購入特典として、ランキンランキンにて第一位を獲得したホワイトピュア薬用美白クリームを全員にプレゼントしてくれます。定期購入は解約制限もないため、初めての人でも安心して申し込むことができます。

≫≫詳細ページはこちら

≫≫公式サイトはこちら

レーザー治療を試す


最後に一番シミ・そばかすへの効果が高い方法が、皮膚科や美容クリニックでのレーザー治療になります。確実にシミを消したい場合や、肌を白くしたい場合にはこの方法が最も効果的で、短期間で効果が得られます

ただしその反面、保険適用外となることから費用が高くというデメリットがあります。

レーザーの種類 YAGレーザー

Qスイッチルビーレーザー

フォトRF

価格(目安) 5mm5,000円~1cm四方30,000円
治療期間 基本的に1回の照射で終了
注意点 痛みを伴うことや、術後の安静期間が必要

編集部が肌を白くする方法を体験してみた

実際にどの程度効果があるのか?最近シミが増えてきて悩んでいた女性編集者に、先ほど紹介したおすすめ美白化粧品の中から、美白効果の高いハイドロキノンが配合されたアンプールシリーズを実際に3ヶ月試してもらいました。

<1ヶ月使ってみた感想>

美白化粧品と言えば、さっぱりした使用感のものが多いので肌の乾燥が心配だったんですがその分保湿成分がしっかり入っているおかげか乾燥せず使うことができました。夜だけ使う美容液は特に新発想で、驚くほど気になるシミ部分に密着してくれました。

使って1週間目くらいから朝起きたときと、夕方の顔色の違いにびっくり!今までは夕方になると日焼けしたかのように、肌が茶色くくすんでいたんですが、美白化粧品を使い始めてからくすみを感じにくくなりました。

<2ヶ月使ってみた感想>

2ヶ月使用してみて、くすみの悩みからほとんど開放されました。夕方鏡を見るのが怖くなくなり、自分でも肌が白くなっていくのを感じました。さらに肌のゴワつきがなくなったおかげで、朝の化粧ノリも以前よりよくなり全体的に透明感を感じられるようになりました。シミに関しては目元の下部分にシミが増えてきているのが気になっていたんですが、コンセントレートHQ110をつけていた部分は少し薄くなったような気がしました。

<3ヶ月使ってみた感想>

目元のシミに関しては残念ながら完全に消えることはありませんでしたが、以前よりも目立たなくなったように感じました。それに新しいシミが出来ることがなくなったのにびっくり!美白化粧品を使い始めてからは、肌にいらないものが溜まっている感覚がなくなり手触りもツルツルに変化。ファンデーションもワントーン上げてもいいかな?と思えるほど肌状態が明るくなったのを実感しました。

効果がない?勘違いしている肌を白くする方法

ネット上で話題になっているものの、実は医学的根拠やエビテンスがなく、効果がないとされている美白方法をまとめてみました。


話題のウユクリームなどの”顔料”クリーム

韓国で話題の美容アイテムのウユクリーム。正式名称は「white milk cream」で、透明感のある白い肌が手に入るとして注目を集めています。ですがこの商品は美白化粧品ではなく、メイク用品になります。

塗っている間だけ肌を白く見せることができるのであって、実際にシミやそばかすを改善したり、肌を白くしたりする効果がありません。ただし塗っている間は透明感のある肌を作り出すことができるため、お出かけの際などはおすすめです。

小麦粉パックなどの食品パック

「シミやそばかすに対して効果がある」と書いているサイトもありますが、医学的根拠などは一切なく、逆にアレルギーを引き起こす危険性がある方法です。確かに小麦パックを行うことで小麦の細かい粒子が汚れを取り除いたり、古い角質を剥がすことで肌が明るくなったりするように見える場合はありますが、肌の土台部分にできているメラニンなどの色素沈着には効果がありません。

他の食品パックも同様で、食品の成分が肌の上から吸収することはできません。

乳酸菌

お肌と腸内環境の状態はリンクしているため、乳酸菌を摂取することで腸内環境を整えると同時に肌環境も整いやすくなります。そのため乳酸菌を摂取することで、腸内環境が整い、新陳代謝が高まることで美肌に近づくことはできますが、乳酸菌自体に美白効果は証明されていません。

まとめ

肌が黒くなる理由がわかると、今日紹介した肌を白くする方法がいかに大切かよくわかりますよね。紫外線は毎日降り注いでいるため、肌が黒くなる原因を完全に取り除くことはできません。そのため、日々の美白ケアが非常に重要になります。

美白ケアの基本は、正しい商品を正しい知識できちんと使い続けることにあります。今度こそ本気の美白ケアを初めてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする